Excel VBA「ThisWorkbook.Path」でエラーを回避する方法

2022年1月30日

ディスクトップやドキュメントフォルダがOneDrive と同期が取られるようになってから、タイトルにあるようにVBAでカレントフォルダを指定すると「パスが見つかりません。」と表示されエラーが発生するようになりました。 原因は今まで下記のように返されていたパスが、URLで返されるようになったためです。
 ThisWorkbook.Path = “C:\Users\・・・・・・・・
     ↓
 ThisWorkbook.Path = “https://domain-my.sharepoint.com/・・・・・・・・
今まで問題なく動作していたマクロが急に動かなくなりますので、利用者から問合せが多く寄せられることも想定されます。今回は「ThisWorkbook.Path」で発生するエラーの対処方法についてご紹介します。

 ※次のようなケースでも同様にエラーが発生します。
  With ActiveWorkbook
   xPath = .Path & “\" 'ファイルが置いてあるフォルダからのパスを指定
  End With

対処方法その1

ディスクトップ右下にある OneDrive のマークを右クリックします。
「設定」メニューが表示されますので選択します。

「Office」のタブを選択し、
「Officeアプリケーションを使用して、開いているOfficeファイルを同期する」のレ点マークを外します。

以上の設定で、「ChDir ThisWorkbook.Path」 は問題なく動作するようになります。

対処方法その2

URLをローカルパスに変換する関数を作成しましたので、下記サンプルコードを参考にご利用ください。
なお、最低限の動作確認はしておりますが、利用環境によっては動作しない場合も想定されますので事前に動作の確認を行った上でご利用ください。

利用にあたっては下記のOneDriveの環境変数を使ってURLからローカルパスを作成して返すようにします。
「OneDriveConsumer」「OneDriveCommercial」「OneDrive」

・Environ(“OneDriveConsumer") → “C:\Users\name\SkyDrive"
・Environ(“OneDriveCommercial") → “C:\Users\UserId\OneDrive – 〇〇株式会社"
・Environ(“OneDrive") → 個人PC又は会社PCによって上記のいずれかが返されます。

今回は 「OneDrive」 環境変数を使って URLをローカルパスに変換 します。

サンプルコードの処理内容   コードの作成手順はこちら

下記赤枠の「カレントフォルダ指定エラー回避」ボタンをクリックするとファイル選択のダイアログボックスが表示されます。エラー回避されていな場合は「パスが見つかりません。」という冒頭で紹介したエラーメッセージが表示されます。

サンプルコード

「UrlToLocal」 が URLをローカルパスに変換する関数 です。

Option Explicit '変数の宣言を強制する

Sub エラー回避()

   'ファイルがあるカレントドライブを指定(関数「UrlToLocal」を使用)
   ChDir UrlToLocal(ThisWorkbook.Path)

   'カレントドライブのフォルダを開く
   Dim varFileName As Variant
    varFileName = Application.GetOpenFilename(FileFilter:="CSVファイル(*.csv),*.csv", _
                  Title:="CSVファイルの選択")
                  
    'キャンセルボタンを選択した場合
    If varFileName = False Then
        Exit Sub
    End If

End Sub


'--------以下「UrlToLocal」関数の記述--------------

Public Function UrlToLocal(ByRef Url As String) As String

   'OneDrive環境変数を格納する変数の定義
    Dim OneDrive As String

   'OneDrive環境変数の取得
    OneDrive = Environ("OneDrive")

   '「https://・・・・・・・/Documents」までの文字数を格納する変数の定義
    Dim CharPosi As String

   ' URLからローカルパスを作成する
    If Url Like "https://*" Then 'OneDriveのパスかどうかの判定
           
      '「https://・・・・・・・/Documents」までの文字数を取得
      CharPosi = InStr(1, Url, "/Documents") + 10
      
      'ローカルパス作成
      Url = OneDrive & Replace(Mid(Url, CharPosi), "/", Application.PathSeparator)
    
    Else
    
      'OneDriveのパス以外だったらカレントドライブ指定
      ChDrive Left(Url, 1)
     
    End If

  '作成したローカルパスを返す
   UrlToLocal = Url

End Function