VBA

Excel VBA を利用するメリットはボタンを1クリックするだけで業務が遂行できてしまうことです。業務を自動化する上でExcel VBAは強力な武器になります。手作業で行うと何時間もかかる業務をExcel上のボタンをクリックするだけ ...

VBA,セルの操作

Excelで表を作成した時にセルの値によって色分けしたい場合があります。
そのような時に役立つのが条件付き書式です。条件付き書式を設定することで容易に条件に基づいてセルの色分けを行うことができます。
今回はVBAを使っ ...

ACCESS,VBA

Accessを利用している場合、テーブルやクエリの内容をExcel上にコピーして利用するケースがあるかと思います。表全体をコピーするのであればコピー貼り付け機能を使えば難なくExcel上にデータをもって来れますが、特定の箇所を定期的に ...

CSVデータ処理,VBA

CSVファイルを編集する際、CSVファイルを一旦Excel上に取り込んでデータを加工する場合が多いかと思いますが、Excel上に取り込むとダブルコーテーションが取れてしまい、再度CSVファイルにする場合はダブルコーテーションなしのデー ...

ノーツ(Notes)

グループウェア製品の一つであるノーツ(Notes)とExcelはVBAを使って連携させることができます。今回はExcelのデータをノーツに送るサンプルアプリを使って、連携方法についてご説明します。Excelで作成したデータをノーツに送 ...

VBA,ファイル・フォルダ操作

業務の関係でサーバーやパソコン上に決まったフォルダを定期的に作成することはないでしょうか。
業務で使っているサーバーでは勝手にバッチファイルを実行することが許されていない場合があります。
そんな時ExcelVBAを使う ...

VBA,セルの操作,ループ処理

Excelでデータを整理する際、重複箇所に色を付けたいケースがあります。
条件付き書式を設定することで簡単に色を付けることができますが、
今回はVBAを使って重複した2番目以降のデータについて色を付けるサンプルアプリを ...

PDF,VBA

ExcelのデータをPDFファイルにする場合、名前を付けてファイルを保存する際にファイル形式を「PDF(*.pdf)」に変更すれば簡単に作成できますが、VBAを使って処理を自動化する際にはPDF化処理をVBAに組み込む必要があります。 ...

VBA,ループ処理,表の加工,集計処理

以下のようにあるシートのデータ表を複数のシートに振り分けて表を作成する場合、
VBAを使うとボタンをワンクリックするだけで作業を完了させることができます。

やり方としてはVBAで次のように各シートの定義とオブジェク ...

VBA,表の加工

表の特定箇所だけを抜き出して表を作成する場合がありますが、
一度だけならまだしも何回も同じパターンで表を作成する場合、非常に面倒に感じます。
そんな時にボタンワンクリックで表が作成できると非常に便利です。
今回 ...